トップページ > 業と縁起−因果の連鎖

究極の精神世界を悟る!神のメッセージ211〜20

業と縁起−因果の連鎖

業の概念は縁起といって、実態は存在せずに、さまざまな原因や条件が寄り
集まって存在する、ということである。
  例えば、花は直接原因(因)である種子と間接原因(縁)である生育環境に
よって、花という結果として成立するのである。
  この直接原因(因)が、私たちの過去の体験・経験等によって刻み込まれた
記憶、つまり業・カルマである。
  この直接原因(因)である業が、間接原因(縁)と結びついて結果(果)を
もたらすのである。
  その結果(果)は新たな因になるといった連鎖が続いていくのである。



精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ
ページトップへ戻る

無料CDプレゼント 真我の覚醒 34,947名のうち約87.1%の方から感動の声が寄せられたCDです! ぜひ、あなたも聴いてみませんか? お申し込みはこちら

究極の精神世界を悟る!宇宙の法則 ユニバーサル・メンバーズ


メインメニュー